株式会社リザーブリンク

Reportレポート

Albumアルバム

obama

View

hoshino

View

ninomiya

View

hirose

View

ogino

View

horiuchi

View

event

View

share space

View

share space2

View

ishizuka

View

Timeline沿革

  • 静岡県浜松市で有限会社ビットリンク創業 2000年1月

    代表山本が、静岡県浜松市で有限会社ビットリンク創業

  • 有限会社ビットリンクから株式会社ビットリンクへ組織変更 2003年8月

    有限会社ビットリンクから株式会社ビットリンクへ組織変更

  • SNSサイト構築パッケージ「ChoiceSNS」販売開始 2007年11月

    SNSサイト特有の招待制タイプ、自由参加タイプ、クローズドタイプ、既存会員DB連動タイプ(他システムの会員データベースと連携)など、様々なパターンに対応できるSNSサイト構築パッケージ「ChoiceSNS」販売開始

  • 予約システム構築パッケージ「ChoiceRESERVE」販売開始 2008年4月

    予約管理システム「ChoiceRESERVE」の元となる予約システム構築パッケージ「ChoiceRESERVE」販売開始

  • ECサイト構築パッケージ「ChoiceEC」販売開始 2008年7月

    カスタマイズが自由自在で、オリジナリティ溢れるネットショップを構築できるECサイト構築パッケージ「ChoiceEC」販売開始

  • モバイル販促パッケージ「ChoiceSP」販売開始 2008年8月

    メルマガやクーポン、アンケートなどの販促ツールを兼ね備えたモバイル販促パッケージ「ChoiceSP」販売開始

  • 「ChoiceRESERVE」事業を分社化し、株式会社リザーブリンクを設立 2010年11月

    予約システムのデファクトスタンダードを目指すべく、クラウド型インターネット予約システム「Choice RESERVE」の開発から販売を一貫して行う新会社「株式会社リザーブリンク」を設立

  • 「ChoiceRESERVE」販売開始からユーザー数100社に到達 2011年10月

    「ChoiceRESERVE」のユーザー数が100社に到達

  • 「ChoiceRESERVE」ユーザー数1,000社に到達 2013年7月

    「ChoiceRESERVE」販売開始から5年目にしてユーザー数1,000社に到達

  • 株式会社リザーブリンク本社を青山ツインタワー16Fに移転 2013年9月

    スタッフ増加によりが手狭となったことで、2013年9月に株式会社リザーブリンク本社を青山ツインタワー16Fに移転へ移転

  • 「予約マーケティング研究所」(現「予約ラボ」)を開設 2014年9月

    業務効率だけのネット予約から卒業し、ネット予約で蓄積されたデータを有効活用することで、売上アップ・新サービス開発に。利益を生み出す”予約”の潜在的な価値を発信していくために、「予約マーケティング研究所」を開設

  • 「ChoiceRESERVE」相談件数5,000社に到達 2015年8月

    「ChoiceRESERVE」は相談件数5,000社に到達

  • 「ChoiceRESERVE」相談件数10,000社に到達 2018年1月

    「ChoiceRESERVE」は相談件数10,000社に到達

  • 「予約ラボ」が日本で唯一の”予約研究機関”としてサービスリニューアル 2018年7月

    「予約」を起点に、価値を生み出す。 日本で唯一の予約研究機関として予約ラボは、「予約の知見」で「サービスの現場」を科学し、そこに眠る価値を発見・共創する機関としてサービスをリニューアル。

Press Releaseプレスリリース

Mediaメディア掲載

Company会社情報

社名
株式会社リザーブリンク
会社・団体説明
代表者
代表 山本浩史
創業
2010年11月1日
住所
〒107-0062
東京都東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル 西館 16F
ビジョン・ミッション
■■mission

限界を超える為の価値を提供する
そのサービスによってもたらされる価値は何か?という問いに答えられない製品は作らない。
利用者と並走する事で自分達では気づかない視点を持ち、限界を知ることができ、それをさらに超えるための仕組みと製品を生み出し続ける。

■■vision

ブランドになる
全ての組織マネジメントは「ブランドになる」という事を中心にして成り立つ。
自身は勿論、他者からも「ブランドである」と認められるようなサービスを世に送り出す。

■■value

誰かのために活かせる自分であれ
誰かのために活かせる場に挑め
積極的な利他主義であること。我々は「リザーブリンクマンシップ」の価値観の元、日々活動を行う。

□リザーブリンクマンシップ
https://reservelink.co.jp/reservelinkmanship
URL
https://reservelink.co.jp/