ジャンボ尾崎プロも認めた技術力! 常識を覆す“宇宙品質”アイアンシャフトはこうして生まれた

ドライバーで会心の一打を打った後、アイアンでミス……。そんな経験をしているゴルファーは多いのではないか。その原因のひとつは、ゴルフクラブの番手ごとの硬さのバラツキ。つまり、ドライバーのように長いクラブは柔らかく、ウェッジのように短いクラブは硬く、それぞれの振り心地に差があることが問題なのだ。セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズは、この常識を打ち破る「すべての振り心地を揃える」アイアンシャフトを、プロゴルファーのジャンボ尾崎プロの発案と、当社独自の技術力で実現させた。すべてはゴルファーに新たなゴルフの楽しさを提供する為にーー。
  • eight

ジャンボ尾崎プロとの契約からはじまった、前代未聞のアイアンシャフト開発

4a383cc41bae080f9d60e7a9e2ed186b9d401a6e
「世の中にないモノを創り出す技術集団」であるセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(以下、セブンドリーマーズ)は2012年からウッド用カーボンシャフト、そして2015年からアイアン用カーボンシャフトの開発を開始した。目標は「世界No.1のシャフトメーカー」になること。

ウッド用カーボンシャフトは、セブンドリーマーズが長年の実績を積み重ねてきた人工衛星部品を開発・製造するノウハウを凝縮し、これまでとは全く違う製法を用いた世界最高精度のシャフトとして完成。世界で初となる完全オーダーメイドのシャフトとして注目を集め、新たな“飛びの喜び”を世の中に提供した。その後、このウッド用シャフトは徐々にだが日本国内のプロゴルファーの目にも止まるようになっていくことになる。

そして2015年暮れ、セブンドリーマーズはプロゴルファー尾崎将司(以下、ジャンボ尾崎プロ)との所属契約を実現。プロゴルフツアー最多優勝回数(113回)の世界記録を持つジャンボ尾崎プロは、まさに日本ゴルフ界を牽引してきた第一人者といえる。20年以上前からウッド、アイアンにカーボンシャフトを取り入れており、セブンドリーマーズにとってはこれ以上ない出会いだった。

セブンドリーマーズは、2015年夏からジャンボ尾崎プロとウッド用シャフトのテストを開始。このテスト期間、セブンドリーマーズの技術者たちはジャンボ尾崎プロの元へ通い、細やかな感覚を聞き込みながら、ウッド用シャフトの試作とテストを繰り返した。昼夜を問わずジャンボ尾崎プロと対話し、新たなシャフト設計に取り掛かり、完成してはテスト……。諦めないセブンドリーマーズ技術者の格闘の日々が、ジャンボ尾崎プロとの信頼関係を作っていったのだ。

そして2015年秋からアイアン用シャフト開発に取り掛かる。ジャンボ尾崎プロから出てきた要望はふたつ。

「番手が変わっても、硬さと重さが変わらないシャフト」
「宇宙までそり上がっていくような高弾道がほしい」

それは、ジャンボ尾崎プロが長年求め続けてきたものでもあった。しかし、本当にそんなことが実現できるのか……。ジャンボ尾崎プロからすれば、「やれるものならやってみろ」くらいの思いだったのかもしれない。

「ジャンボ尾崎プロの想い」vs「技術者の葛藤」

F3a66cd8007a66a42bfe52af2864de9b1e6beb8f
ジャンボ尾崎プロ「ロングアイアンはシャフトが長いから、シャフトの運動量が多い。逆にショートアイアンは短いから、運動量は少ない。そこを揃えられたら、そりゃあ同じタイミングで打てるんだから、最高だよ!!」
セブンドリーマーズ創設からシャフト開発に携わってきた技術のエース翁田大裕(以下、翁田)は、ジャンボ尾崎プロの要望に応えるべく新たな挑戦を開始。

アイアンシャフトの開発コンセプトは、「全番手統一の重さ」「全番手統一のフレックス」。技術チームを率いる翁田みずからがカーボン素材を選び、手作業で製造し、試打を繰り返し開発を進めた。

そして2016年1月、ついにジャンボ尾崎プロスペックの第1号が完成。千葉のジャンボ尾崎プロの練習場にセブンドリーマーズ技術者全員が集結し、ジャンボ尾崎プロに出来たてのアイアン用シャフトを持ち込む。待ち構えるのは、ジャンボ尾崎プロとジャンボ軍団所属のプロの面々だ。

ジャンボ尾崎プロは、ゴルフのベンチャーが創り出すシャフトを気に入るのか?

2d1d8942350a28fa4978755ac1d5901da7ef0437
例年1月、この時期はジャンボ尾崎プロはトレーニング期間であり、球を打つ事はしない。ジャンボ軍団のプロたちは、セブンドリーマーズのアイアンシャフトに興味深々で覗き込んだ。そして何名かがジャンボ尾崎プロに言われるままに球を打つ。
「なんだこれ!? 上がるなんてもんじゃない!! なのに左に来ない! なんで???」。ジャンボ軍団のプロの面々が驚きの声を上げている風景や球筋を、ジャンボ尾崎プロはただただ見守っていた。

2月に入り、身体も作り上げてきたジャンボ尾崎プロがいよいよボールを打ちはじめる。セブンドリーマーズとしてはアイアン用シャフトを世に発表する2週間前。ここでのジャンボ尾崎プロの反応によっては発表が遅れる恐れもある……。
翁田をはじめとするセブンドリーマーズ技術陣が見守る中、ジャンボ尾崎プロがついにセブンドリーマーズのアイアン用シャフトを打った!!

黙って数発ボールを打つ。すると、ジャンボ尾崎プロは「最初からうまく作ってきやがった」とニヤリと笑った。

しかし、ホッとしたのもつかの間、ジャンボ尾崎プロのこだわりは厳しい。

ジャンボ尾崎プロ「高さは出ているが、もっとめくれる弾道が欲しい!!」
翁田を中心とした技術者たちは不眠不休でさらなる開発を進める。そして、ついにジャンボ尾崎プロが求め続けた性能を100%満たすシャフトを完成させたのだ。

世の中にないモノを創り出す技術集団のさらなる挑戦

F2ccd03a7f9dcb58744975ba6698b91904d4a003
こうして、かつて誰も体験したことがなかった、ジャンボ尾崎プロからの要望「アイアンすべての番手が同じ振り心地」を実現することに成功したセブンドリーマーズ。発表から4ヶ月間、この噂を聞きつけた複数のプロ対応に追われることになる。

そして2016年7月1日、今回の開発を通して培った技術・ノウハウを、プロアマ問わずすべてのゴルファーの皆さまに提供するため、この特別なアイアンシャフトの発売を開始した。

セブンドリーマーズのウッド用シャフトは、「とにかく遠くに飛ばしたい」というゴルファー共通の夢を実現するために開発されたもの。さらにこのアイアン用シャフトによって、「アイアンすべての番手が同じ振り心地」を提供することで、とにかくボールが打ちやすくなり、結果、ゴルフがもっと楽しくなる、そしてさらなるスコア向上という体験を実現するだろう。

しかし、まだセブンドリーマーズの描く完成形ではない。ウッドとアイアン、ウェッジさらにパターが加わることで、今まで誰も体験したことのない「14本すべてが同じ振り心地」のゴルフクラブセットが完成する。

一般的には、ウッド、アイアンとパターをそれぞれ別物だという固定概念がある。特に飛距離を追求するゴルファーは、「ドライバー(ウッド)は別物」と考えている方が多い。だから、ドライバーで会心の一打を打った後、アイアンでミス……という現象に陥ってしまう。

では、「14本すべてが同じ振り心地」でありながら、より遠くに、正確に飛ばすことができたならーー。セブンドリーマーズは高精度、高技術を求められる人工衛星部品を製造するノウハウで、そんなゴルフセットの実現に挑戦。夢のゴルフセットの実現はもうそこまできている。

翁田 「果たしてその先に、どんな世界が待っているのか……。私たちも、想像しただけでワクワクしています」
優勝争いするジャンボ尾崎プロの姿を思い浮かべながら、セブンドリーマーズ技術集団の挑戦は日々続いてゆく。

世界一のシャフトメーカーへ!
すべてはドリームショットのために
for your dream shot


セブンドリーマーズのアイアンシャフトの説明に関してはこちらをご覧ください。

関連ストーリー

注目ストーリー