南都陽子「グループで考えていく」 多様性があるからこその強み

ここ数年、就職活動は売り手市場です。しかし、そんななかでも不人気と言われている金融業界。

「大規模なリストラの報道もあったよね」「これからはやっぱりIT業界でしょ」「異業種からの参入の話もあるけど、変化の時代の金融ってどうなの?」など、さまざまな意見が飛び交っています。

なかには、学生の価値観が多様化し、社会的ステータスが高い安定した勤め先=「銀行」というとらえ方は前時代的なものになった、と分析する人もいます。しかし、“不確実な時代”であるからこそ、金融がオモシロイという見方もできるはずです。

今回は、新生銀行の若手たちがどのように新生銀行を選んだのか、そして今、何を考えて働いているのかを紹介します。

2011年に入行し、2019年現在、新生銀行営業第二部に所属する南都陽子は、就職活動において、幅広い業界を受けたうえで新生銀行を選びました。

南都 「私は、就職活動で、圧迫面接を行う会社もいくつか経験しました。新生銀行ではそのようなことはなく、私に関わってくれたすべての人の人柄が良かった。この点に好感を持ち、内定を受けたときに即決しました」

そんな南都は、実際に働いてみて、社員の成長を真剣に考えてくれる会社だと感じています。

南都 「入行以来、事務職として働いていましたが、機会があるたびに、上司や人事部に『キャリアアップのために違う部署で経験を積みたい』と言いつづけていました。『なんでもいいからやらせてください』と。そう発言しつづけていると、希望が通って異動できたんです。社員の成長を真剣に考えてくれる会社だと感じましたね」

そして南都は、仕事をするなかで新生銀行の多様性と独自性に気づきました。

南都 「当然ですが、お客さまは他行と比較をしてお話をされます。為替予約の仕方ひとつとっても、各行でやりかたが異なりますので、お客さまから賛否両論の意見をいただきます。
新生銀行には中途採用で外部から来た人も多く、業務の進め方や扱う商品・サービスの内容について、その経験にもとづいた意見は貴重ですし、新生銀行にしかできないことがあるとあらためて感じることがあります。一方、他行と比較して足りないところを改善に向けてどのように進めていけば良いかについても勉強になりますね」

新生銀行は、銀行とその周辺の業務だけでなく、無担保カードローン、クレジットカード、リースなどの金融ビジネスを展開するグループ会社を含め、一体的な経営のもとに連携しています。南都は、新生証券との協働のなかで「グループの融合」の意味を実感しました。

南都 「新生証券との同行営業の際に、いくつかアドバイスをもらいました。『新生銀行とのお取引に限定せず、新生銀行グループとして捉えれば、よりビジネス機会が広がる。お客さまが希望しているのなら営業担当として、新生銀行グループとして何がご提案できるかを考えた営業をやればいいと思うよ』と言ってくれて。
グループ会社が協働する意味は、単に各社の提案を持ち寄って一緒に営業することではなく、お客さまのご希望にベストのソリューションを考えていくことなんだと思いました」

新生銀行は、グループが持つ金融機能を客さまの視点で見直し、ニーズに基づいた新しいビジネスの創出を目指しています。

若林真鈴「変わるからこそオモシロイ」 正しい変化と“核”をもつ社員

2012年に入行し、現在は新生銀行リテール営業統轄部所属の若林真鈴は、銀行業界にしぼって就職活動をしたと振り返ります。

若林 「私は、新生銀行の『変化していける人、安定ではなく変わっていく人』を求める、というメッセージにすごく共感しました。もうひとつの決め手は “ひと ”でした。出会った方すべてが『一緒に働きたい』と思えました」

日々の仕事のなかで、若林はますます自分が置かれている環境に魅力を感じています。

若林 「今の部署では、毎日のように役員と関わりながら仕事をしています。マネジメント層がどういう考え方をするのかを間近で見聞きできる環境は、本当に魅力です。もっと大きな組織では難しいことなのかもしれません」

新生銀行は、他のメガバンクと比べれば人数こそ少ないものの多様な人材が集まっており、「専門性の高い少数精鋭」と呼ばれることもあります。

若林 「長銀(新生銀行の前身:日本長期信用銀行)時代を知っている人、新生銀行になってから新卒で入った人、中途採用の人、それぞれ持っているものが違います。これだけが正しいという形は少ないと思います。
それと、自分の “核 ”を持っている人が多いというのでしょうか。本当にマーケットが好きで勉強してきた人や、保険会社出身者など、いろんな人がいて一人ひとりがスペシャリスト。そんな印象ですね」

そして若林は、新生銀行の、グループだからこそのキャリアの広がりを感じています。

若林 「ある特定の領域を深堀りしていくことができると思います。たとえば、マーケティングのスペシャリストを目指したいのなら、銀行リテールのマーケティングだけではなく、グループ全体にフィールドが広がることで銀行以外の分野でも経験を積んでいけます。
どんどん知識を習得して、スキルを磨いて、キャリアを広げていけるでしょうし、グループとしていい相乗効果が生まれるのではないかと感じています」

専門性の高い多様な社員たちと働く経験を通して、若林はお客さまの気持ちを考えるようになりました。きっかけは、ある先輩社員の仕事ぶりに接したことです。

若林 「自分のなかに “核 ”を持っている人は表面的ではありません。お客さまとお話するときも目線が違っていて、ご家族のこと、今悩んでいることや、他行とのお取引のことなど、丁寧にお話を聞いていきます。
それまでの私は『こういう商品が出ましたが、いかがですか?』という提案ばかりしていました。資産運用の相談に対するスタンスが、今預けていただいている資金をどう(他の商品に)振り替えるかという目線ですね。当たり前ですが、大切なのはお客さまのニーズを聞き出すことであり、売りたい商品の説明をすることではありません」

若林は、日々変化する環境を目一杯楽しんでいます。

若林 「日々マーケットは動いていますし、環境は変わっていきます。最近は働き方改革や RPAなどによる業務改善によって、仕事の進め方もずいぶん変わってきています。マンネリとは無縁です」

横内太一「かけ算で、大きな波を」 小さなチームがマーケットを変える

新生銀行プロジェクトファイナンス部に所属する、2012年入行の横内太一は、新生銀行の独自の戦略や、社風に惹かれて入行を決めました。

横内 「新生銀行は特徴のある商品・ファイナンス手法にフォーカスした経営を行っていると感じました。私が就活をしていた 2011年当時、新生銀行は、企業再生をひとつの特徴としてアピールしていた記憶があります。
また、不動産ストラクチャードファイナンスの取り組み実績もあり、メガバンクとは異なり、注力するマーケットを特定し、その領域で存在感を発揮する戦略をとっていると理解しました。>私は、 Generalistではなく、 Specialistになることを志望していましたので、その観点からも自分の希望に合っていると思いました」

就活中、Specialistを目指したいと考えていた横内は、若手でも主導権を持って裁量ある仕事ができる環境で自身の成長を感じています。

横内 「国内プロジェクトファイナンス、 JBIC(国際協力銀行)出向、海外プロジェクトファイナンスの業務を経験してきて、若手が主体的に動ける領域が広いと感じています。Specialistになるにあたって重要なことのひとつは、いかに具体的案件に関与し経験を積めるかということだと思います。
メガバンクや JBICのプロジェクトファイナンス担当者と一緒に仕事をすることもありますが、彼らに遜色なく仕事ができる実力はついてきたと感じています」

また、横内はフラットで小さな組織ならではの自由な空気に魅力を感じています。

横内 「金融機関はややもすると官僚的になりがちで、顧客対応が遅くなったり、社内ルールから逸脱できない硬直的な対応に陥ってしまったりすることがあり、そのような金融機関の姿勢はお叱りを受けるところです。
また、新生銀行はメガバンクに比べると大きくない組織です。上下の風通しも良く、個々の社員が深く関与して案件形成を行うことが可能で、結果的にステークホルダーからは、意思決定の迅速さ・柔軟さを評価してもらっています」

そんな横内は、それぞれの専門性をもつグループが融合しシナジーを発揮することを期待しています。

横内 「グループ融合というのは、単に顧客を紹介しあったり、個々のサービスを 1+1にしていったりということではなく、それぞれの社の専門性を掛け合わせてシナジーを発揮することが前提だと思います。今後はより多角的にお客様のニーズに応えられるよう、グループ全体のつながりを深めていくことがグループ融合の肝ではないでしょうか」

また、横内は新生銀行グループが日本のマーケットを変化させてきたと感じています。

横内 「新生グループらしさとは白兵戦の強さだと思います。新生グループは他行と比較して会社の規模が小さい一方、だからこそ少数精鋭で、メガバンクが対応できないニッチな領域で、いわばゲリラ的に戦うことで強みを発揮してきた会社といえます。
たとえば、国内の再生可能エネルギーに関するプロジェクトファイナンスでは、もともとメガバンクが対応できない、特定の顧客の潜在的ニーズに当行がきめ細かく対応してきたことで徐々に案件が積みあがっていった結果、日本全体の同マーケット水準を押し上げてきたという自負があります。
出発点としては、小所帯で局所的に戦うことにはなるのですが、その小さなチームのアクションがマーケット全体に波及するような潜在性を持つ。これが新生グループで働くおもしろさです」

小林洋輔「銀行らしくない」魅力。お客さまに寄り添うために体当たり

2011年に入行し、現在グループ経営企画部 金融調査室に所属する小林洋輔は、新生銀行の“銀行らしくない”ところに惹かれました。

小林 「私はいくつかの業界を見ていくなかで新生銀行に出会いました。それまでは銀行に対し “堅い ”イメージを持っていたのですが、 32色のキャッシュカードを見て『こんな銀行もあるのか』と思いました。そういう “銀行らしくない銀行 ”というイメージに惹かれました」

小林は、実際に仕事をするなかで、深堀りしたい領域を見つけました。

小林 「入行してまず横浜のフィナンシャルセンターに配属になりました。支店では、さまざまな商品を取り扱い、日々値動きがあるため定期的なフォローが重要です。そこで、お客さまと特に密にコミュニケーションを取る必要がある投資信託に特化してやってみたいと考えるようになり、社内公募に手を挙げ投資信託専担の部署に異動しました」

小林は、公募で異動したリテール商品部での経験を振り返ります。

小林 「私が担当していた投資信託の領域には、外資系や国内系の運用会社出身など、この分野のスペシャリストがたくさんいます。多様な人たちから学ぶことは多く、投信を通して専門性を身に付けることで自信を深めることができました」

そんな小林は、独特の方法で“お客さまの気持ち”を探ったと言います。

小林 「実は、自分でも投資信託を始めてみました。 『お客さまは日々の値動きをどのように感じているのだろう。よく問い合わせを受ける投資信託に関する書類は、実際にどんなものが届くのだろう 』という気持ちからです。
実際に自分で保有することで、日々動くマーケットを見たときに、同じように投資信託を保有していただいているお客さまの気持ちを想像する “気にしかた ”が変わってきましたし、お客さまとお話しする際や営業員向けの勉強会の内容を検討する際にもプラスになりました」

多様な人材を抱える新生銀行ですが、共通するのは“変化を楽しむマインド”です。

小林 「とにかく動きがあります。今日こうだったから明日もこうではなくて、日々追いかけないと遅れていく。教科書通りにはいかない面白さがあります。いろんなところにアンテナを張って、自分から情報を取りにいかなくちゃいけない。
毎日の動きを見て、『どうしてなんだろう』と調べていくのが楽しいし、まだまだわかっていないことがたくさんあることにワクワクします」

現在、金融ビジネスはダイナミックな変革期に入っており、競争相手が増えると同時に、新しいビジネスが生まれるチャンスはいたるところに転がっています。

お客さまからの信頼が命の金融ビジネスですが、信頼とは「安定して変わらないこと」ではありません。変化に対応し、正しく変わりつづけるからこそ、信頼されつづけることができるのです。

(※所属は2019年時点 内容は2018年時点のものです)