小学館集英社プロダクション

Reportレポート

Albumアルバム

ポケモングローバルアカデミー市ヶ尾「あそび×まなび×学童保育」

View

小学館の幼児教室 ドラキッズ    ららぽーと横浜教室 「楽しいまなびでその先へ」

View

小学館アカデミーしんとよす保育園「あったかい心をもつ子どもに育てる」

View

小学館集英社プロダクション本社ビル 

View

小学館アカデミー神保町保育園  「あそび・せいかつ」から「まなび」へ

View

保育士が働きたい保育園4年連続  第1位

View

小学館の学習教室 まなびwith   白山校 2019年4月新規開校!

View

小学館アカデミー飯田橋ガーデン保育園 「2019年4月新規開園」

View

Timeline沿革

  • 小学館プロダクション設立 1967年6月

    同年9月1日に営業を開始。 「オバケのQ太郎」等の商品化権管理業務開始。

  • 音楽原盤制作の企画を開始 1968年4月

    NHK連続テレビ小説「あしたこそ」主題歌の音楽著作権獲得。

  • 「昭和ブルース」の原盤を制作、シングル盤売上80万枚の大ヒット 1969年6月

    俳優座の「続・若者たち」の主題歌となり80万枚を売り上げ、フジテレビで今週のヒット賞を受賞。

  • 「小学生の英語」を教材とした、早期英語教育の実験スクール開設 1970年3月

    この年の前年1969年1月に「カセット版小学生の英語」が、小学館より書店扱いで販売され、学年誌での大々的な宣伝もあり、予想を上回る売り上げとなった。通信販売も同時に行うようになり、その事務手続業務を請け負ったことが、「早期英語教育」へと繋がる。早期英語教育事業の生徒募集活動を開始。

  • 固定教室第1号「小岩中央スクール」を開設。教育事業の本格展開を開始 1971年6月

    1970年からの早期英語教育のスクール事業がスタートしたが、最初は銀行の会議室や町内会館などを借りてのスタートだった。この年(1971年)6月に「小学館ホーム・イングリッシュ・スクール」の名で第1号固定教室「小岩中央スクール(東京都江戸川区)」が開設され本格的なスクール事業が始まる。

  • 子どもの日フェスティバルを日本武道館で開催 1972年5月

    1万名の生徒を動員し、NHKテレビの子どもニュースで催し物会場が紹介される。

  • スクール事業を全国展開へ 1974年1月

    システム事業部を設立し、代理店組織を作る。横浜・三島・浜松・足利の4支部でスタート。

  • TBS系TVドラマ「Gメン75」主題歌「面影」の原盤を制作 1975年6月

    シングル盤売上75万枚の大ヒット(この年のシングル盤レコードの国内売上第2位)となる。

  • 第1回アメリカキャンプを実施 1977年8月

    カリフォルニア州のワンダーバレーキャンプ場で実施し、約100名の生徒が参加。

  • 藤子・F・不二雄原作「ドラえもん」の商品化権の許諾業務を開始 1979年5月

    同年11月には、制作部にて初めて「ドラえもんカレンダー」を企画制作。小学館販売を通して書店にて販売。

  • 「小学館レクリエーションリーダーズクラブ」を発足 1981年4月

    青少年の健全育成を柱に、キャンプ・レクリエーション活動を通して、ボランティアリーダーを養成する目的で誕生。スクールの卒業生7人でスタート。

  • 制作部にて通信販売業務を開始 1982年6月

    少年ビックコミックで「みゆき」Tシャツ3種類の通販開始。その後、「BE‐PAL」「サライ」「DIME」「ラピタ」へと通販事業が本格的に展開。

  • 全国のスクールで「ビデオ英語教材」の使用開始 1984年4月

    全教室でテレビが導入される。

  • チェッカーズのカレンダーを制作 1984年12月

    「ドラえもんカレンダー」などの大部数の販売実績はある中、実写でのカレンダーは初めての商品だったが、45万部という大ヒット商品となる。

  • 幼児教室(現:ドラキッズ)第1号教室オープン 1986年4月

    幼児教室第1号は、1985年の事業部立ち上げから準備が進められ、1986年4月、千葉県八千代台十字屋八千代台店内にオープン。

  • スクール新教材「Hello to English」、新中学英語コース教材が完成 1987年4月

    1987年は、新教材の開発だけではなく新教育システムの導入、会社創立20周年の節目でもあり、それまでの教室の呼称も「小学館ホーム・イングリッシュ・スクール」から「小学館ホームパル」へ改称された。

  • イベント「全国縦断ミニ四駆ジャパンカップ」を実施 1988年7月

    ミニ四駆ジャパンカップは全国で10万人を動員し、社会現象を巻き起こした。「ダッシュ!四駆郎」のTVアニメ化と「改造」して自分用のオリジナル四駆が作れることから更にブームに拍車がかかる。

  • 本社社屋を(旧)昭和ビル(千代田区神田神保町)に移転 1989年3月

    小学館プロダクション本社機構(東京支社も含む)、昭和ビルへ移転。昭和ビルに先に入居していた学院事業部、業務部、幼児教育事業部と合流。

  • 「メディア事業部」発足/TVアニメ番組「炎の闘球児 ドッジ弾平」を制作、放送開始 1991年10月

    版権営業及び自社商品の制作、宣伝販売を主眼とし、メディア事業部を発足。同月にメディア事業部、初のTVアニメ番組「炎の闘球児 ドッジ弾平」を制作。テレビ東京をキーステーションとして放送開始。

  • 米マーベル・エンターテインメント社のキャラクター商品化権取得 1993年1月

    これまでの版権の運用を評価され、米マーベル・エンターテインメント社とライセンス契約を結び、1993年1月25日「マーベル・スーパーヒーローズ・キャラクター発表会」を開催。

  • 米マーベル社のキャラクター「X-MEN」テレビ放送開始 1994年4月

    同年5月には、初のマーベルコミックスのムック本「X-MEN」「スパイダーマン」販売。

  • 「ドラベンチャー・ミュージカルのび太の恐竜」公演 1994年7月

    ドラえもんの初舞台「ドラベンチャー・ミュージカル」公演(全国23会場)。

  • 「第1回次世代ワールドホビーフェア」開催 1994年12月

    東京・大森ベルポートで、「第1回次世代ワールドホビーフェア」を開催し来場者数は13,000人。

  • TVアニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー」放送開始 1996年1月

    「爆走兄弟レッツ&ゴー」テレビ東京系全国ネットにて放送開始。またTVアニメ「バケツでごはん」「名探偵コナン」が日本テレビ系全国ネットにて放送開始。

  • TVアニメ「ポケットモンスター」放送開始 1997年4月

    「ポケットモンスター」がテレビ東京系にて放送開始。同月には劇場版名探偵コナン「時計じかけの摩天楼」全国東宝系にて公開。

  • 新番組「おはスタ」放送開始 1997年10月

    10月1日より「おはスタ」がテレビ東京系にて放送開始。初日視聴率1.7%に始まり9日には4%を記録する。

  • ベビーシッター業界へ進出 1997年10月

    HAS(ハズ=Human Assistant Service)事業部が発足。

  • 関連会社「ミキハウス&小学館プロダクション」設立 1998年1月

    東京・大阪に事務局を設置し、百貨店への幼児教室展開を拡大。「ミキハウス・キッズパル」千葉・柏そごう教室を第1号教室に始動。

  • 劇場版ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲」「ピカチュウのなつやすみ」公開 1998年7月

    全国東宝系にて公開。興行収入72.4億円。同年9月にはTVアニメ「Pokémon」が全米で放送開始。

  • 関連会社「小学館ミュージック&デジタルエンタテインメント」を設立 1998年8月

    総合メディア事業としてのさらなる飛躍を目指し、新会社「小学館ミュージック&デジタルエンタテインメント(SMDE)」を設立する。

  • ライフルパル「パソコン教室」開講 1999年4月

    大人のためのパソコン教室「小学館ライフパル・パソコン倶楽部」が東京・練馬校を第1号教室に始動。

  • 米国・サンフランシスコに「ShoPro USA」を設立 2000年1月

    海外ライセンスの拠点として、米国・サンフランシスコに設立する。

  • TVアニメ「とっとこハム太郎」放送開始 2000年7月

    テレビ東京系で放送開始。とっとこハム太郎の商品化が大ヒット。

  • 関連会社「ミキハウス子育て総研」を設立 2000年10月

    三起商行との共同出資により新会社「ミキハウス子育て総研」を設立し、子育て情報に関するインターネットサイト運営、コンテンツ販売を開始。

  • 第1回北区English Summer Campの事業受託 2002年7月

    東京都北区内の中学生約1,200名が延べ100名を超える留学生とキャンプを行う、国際交流プログラムの企画運営を任される。

  • 「ミキハウス英会話くらぶ」開始 2003年4月

    「ミキハウス英会話くらぶ」を浦和伊勢丹教室、静岡伊勢丹教室を第1号教室に始動。

  • 新会社「VIZ Media,LLC」をサンフランシスコに設立 2005年4月

    ライセンスに関する海外拠点として、2000年に「ShoPro USA」が設立。その後、「ShoPro Entertainmennt,Inc」とい社名を変更し、2005年4月1日に小学館・集英社が出資する「VIZ,LLC」と「ShoPro Entertainmennt,Inc」が合併して「VIZ Media,LLC」が誕生。

  • 秋葉原に「東京アニメセンター」オープン 2006年3月

    幹事会社としてスタジオ運営、物販、イベントを行う。

  • TVアニメ「きらりん☆レボリューション」放送開始 2006年4月

    テレビ東京系にて「きらりん☆レボリューション」の放送開始。商品化も同時に開始し「ミルフィーカード」が大ヒット商品となる。

  • PFI事業のオートキャンプ場「噴火湾パノラマパークオートリゾート八雲」開設 2006年6月

    北海道立噴火湾パノラマパーク内のオートキャンプ場施設「オートリゾート八雲」オープン。初年度目標の8,000名突破。

  • 「第1回江戸文化歴史検定」実施 2006年11月

    小学館集英社プロダクション、小学館、江戸東京博物館の3者により「江戸文化歴史検定協会」が設立され、2006年11月3日(文化の日)に第1回の検定を実施する。

  • 東京認証保育所「小学館アカデミー おおさき駅前保育園」開設 2007年2月

    第1号園として開園し、2018年時点で認証保育所・認可保育園・こども園を計45園運営するまでに広がっている。

  • 「VIZ Media Europe,S.A.R.L」に改名(設立) 2007年4月

    米国VIZ Media,LLCの子会社としてフランス・パリに設立する。

  • 官民協働の刑務所、喜連川社会復帰促進センター運営開始 2007年10月

    PFI事業の山口県美祢市「美祢社会復帰促進センター」、栃木県さくら市「喜連川社会復帰促進センター」の業務開始。

  • 社名を「小学館集英社プロダクション」に改称 2008年7月

    集英社が資本参加し社名を改称。

  • YouTube内に「小学館集英社プロダクションチャンネル」開設 2009年10月

    Google Japan社との連携により、2009年10月19日からYouTube公式パートナーチャンネル「小学館集英社プロダクションチャンネル」を開設。過去に製作されたShoProアニメ作品のアーカイヴ動画や「おはスタ」など現行番組の連動プロモーション動画の無料配信を開始。

  • 浜名湖カッターボート転覆事故発生 2010年6月

    ※詳細は弊社ホームページ「安心・安全への取り組み」に記載。

  • TVアニメ「バクマン。」放送開始 2010年10月

    集英社が資本参加し、集英社作品のテレビアニメ化に挑戦。当時「週刊少年ジャンプ」で連載が開始したばかりの「バクマン。」をNHKにて放送する。

  • 小学館の通信添削学習「ドラゼミ」リニューアル 2011年4月

    「脱ゆとり教育」を目的として学習指導要領が2011年度に大幅改訂されることに伴い、ドラゼミも教材・カリキュラム・受講システムまでを大幅にリニューアルする。

  • 第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞 2012年2月

    ShoProBooks「皺」「ファン・ホーム」が、文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞をW受賞する。

  • 第6回キッズデザイン賞受賞 2012年7月

    「小学館アカデミーかりやど保育園」と「エデュプリ/お絵かきドラキッズ」が第6回キッズデザイン賞を受賞。

  • 「練馬区立上石神井児童学童クラブ」運営受託開始 2013年4月

    2012年春に、学童PJの発足により、長年検討してきた放課後事業への参入を目指した取り組みをスタート。その結果、練馬区上石神井児童館、児童館学童、上石神井小学童という3施設を落札する。

  • 厚生労働省より「薬物乱用防止のための啓発訪問事業」受託 2014年3月

    年間で全国300ヵ所の小・中・高等学校を訪問して薬物乱用防止教室を実施する薬物乱用防止啓発訪問事業を厚生労働省より受託。

  • ポケモングローバルアカデミー(たまプラーザ駅前)の運営を開始 2016年4月

    「あそび」と「まなび」のたいけんくうかん「ポケモングローバルアカデミー」は2016年4月に、ShoPro独自の民間学童施設として横浜市青葉区たまプラーザに第1号店を開所。

  • 創立50周年を迎える 2017年9月

    同年1月:「小学館の幼児教室ドラキッズ」のロゴ教材等全面リニューアル。 4月:テレビ東京系「おはスタ」放送5000回突破。TVアニメ「100%パスカル先生&プリプリちぃちゃん!!」MBS・TBS系にて放送開始。TOKYO MXほかにてTVアニメ「覆面系ノイズ」放送開始。 東京都板橋区「板橋区立エコポリスセンター」の運営を開始。

  • TVアニメ「新幹線変形ロボシンカリオン」放送開始 2018年1月

    MBS/TBS系列28局ネットにて放送開始。

  • ベトナムでの保育事業を開始 2018年6月

    ShoProの幼児教育や保育運営のノウハウをコンサルティングという形で提供。

  • 新しい小学館の学習サービス「まなびwith」スタート 2019年4月

    教育の変化に対応できる「かんがえる力」「ひらめく力」「つたえる力」3つの力を育てる、通信教育業界で初めて「思考の達人ツール」を体系化し導入。

Press Releaseプレスリリース

Mediaメディア掲載

Company会社情報

社名
小学館集英社プロダクション
会社・団体説明
キャラクタービジネスと教育ビジネスの2つの事業を展開
代表者
代表取締役社長 都築伸一郎
創業
1967年6月26日
住所
〒101-8415
東京都千代田区神田神保町2‐30
昭和ビル
ビジョン・ミッション
経営理念:エデュテインメントを通じて、人生をより前向きに、より豊かに!
「エデュテインメント」とは、まなびに楽しさをプラスすることであり、娯楽にまなびの要素が備わることである
URL
http://www.shopro.co.jp/