新卒1年目で人事に抜てき。出る杭を伸ばす環境だから得られた成長

2019年現在、新卒2年目を迎える入江章一郎。綜合キャリアグループ(以下、SCG)の採用支援事業でのリクルーティングアドバイザーとして入社し、1年経たずして人事に抜てきされた彼はなぜ選ばれた存在になれたのか。彼の成長とこれからの目標をご紹介します。
  • eight

やりたいこと「っぽい」ことより「やれることを増やす」ために選んだSCG

E3a796c8c489705b8d2dc944b5058ea99b28fda3

埼玉県出身で東京の大学に通っていた入江。大学時代は勉強よりもストリートダンスに打ち込むような、まさに大学時代を謳歌する学生だったと言う。

入江 「もちろんダンスそのものが大好きだったというのもありますが、チームで一丸となってひとつの作品や公演をつくることの達成感も夢中になれた理由だったと思います。当社も個々人でというよりはチーム一丸となって目標達成に向けて動いているので、そういう点では似ていたのかもしれません」

そんな入江が人材業界を選んだのは、自らを成長させられる環境に身を置こうという意識から。

入江 「就活当初はいろんなセミナーや座談会で経営者クラスの方々の話を聞いて回っていて、業界は絞らず自分が『何をやりたいか』を探していました。しかしあれもこれもやってみたい、でもどれもやったことがないからわからないという結論に至りました。

そんな中で、『やりたいことはやれることが増えればおのずと見つかる』『やりたいことが見つかった時に、それを実現できる自分になることが先決』という言葉を、どこかのセミナーで聞いたことを思い出したんです。自分の抱えていたもやもやの答えが出たような気がしました。やりたいこと『っぽい』ことを今絞るよりも、やれることを増やせる環境に行こうと、その瞬間に決めました」

有形商材があるわけではない人材業界。そこで試されるのは、自らが商材となり顧客の抱える課題を解決する力。自分を磨いてできることを増やし、自らが成長することが、顧客からの信頼につながり、会社の売上にもつながっていく。そういうところに魅力を感じた。

入江 「綜合キャリアグループは、やれることを増やすのに一番良い環境だと思いました。出る杭を伸ばす社風、若手から挑戦できる環境、人材業界随一の事業領域、社員一人ひとりに創業者視点があること、凡事徹底の仕組み、そして若いうちから活躍する先輩社員の方々……。成長を謳う企業は多々ありますが、選考を通して SCGは自己成長を実現できる根拠があると感じ、入社を決めました」

初めての成長痛になった空回りの経験

47d5136914ef489a524dd3c7c40f47629aecb85a

入社後は名古屋支店の配属になり、上司のサポートのもと新規開拓の営業をすることが初めての仕事だった。

入江 「 1日平均 4社の企業様を訪問していました。がむしゃらに足を動かす毎日でした。また、毎日登録に来る求職者さんへの仕事紹介も大事な仕事です。既存の取引企業様もいる中、新しい取引先を増やす方に注力させてもらえていたのは、大きな期待をしていただいていたからだと思います」

大学時代の友人から、長い研修を終えるまで外回りをさせてもらえないという話を聞く中、入江は打ち合わせや求職者さんへの対応を毎日こなしていく。上司からのフィードバックも受けながら、確実に自分の成長を日々実感していた。

──大きな問題が発生したのは、そんな矢先だった。

入江 「ある日の午前中、某大手物流企業のテレアポが取れて、初成約を!と思っていた自分は、その日のうちにアポイントを取り付け、上司に『自分に行かせてください!』と言って打ち合わせに行ってきました。企業様から求めている人材の詳細のヒアリングを行い、人選、そして紹介まで至りました」

感触は悪くない。入江にはうまくいくという確信があった。だが、顔合わせのタイミングで、決定的な募集要件のヒアリングが漏れていたことが発覚する。

入江 「海外とも取引があるという企業様の特徴を考えれば大前提とも言える、語学スキルでした。私は自分が聞けた範囲の要件だけを鵜呑みにし、満足していたんです。
結果的に、たまたまそのスキルを持っている方がいらっしゃって成約となりましたが、企業様からは『うちのことをわかっていない。入口(成約)の段階から信用できない』とお叱りを受けました。正直、かなり凹みました。結局はスタッフさん側にもミスマッチを感じさせてしまい、 2カ月で『もう辞めたい』と言わせてしまったことは今でも忘れられません」

順調な社会人生活を歩んでいたと思われた矢先の失敗。成長したい、お客様や求職者さんに貢献したい、はやった気持ちが空回りした、入江にとって初めての成長痛となる体験になった。

営業も、採用も、自分は「作業員」ではいけない

F3fd442cc8527b0517c598b06967c7a46c0c9af4

新人で何も知らなかったと開き直ることもできたかもしれない失敗。しかし、入江はすぐに前を向いた。失敗した原因であるヒアリング不足を省みて、よりいっそう深く企業や業界について理解を深めてから案件に臨むようになった。

入江 「それからは、事前に企業や業界の下調べをして仮説立てして臨むようになりました。営業は、クライアントの課題を聞いたり、ヒアリングを漏れなく行ったりするのはもちろんですが、事前に勉強して、自ら『こんなことにお困りではないですか?』と提案できたり、『うちってこんなこともできるんですよ!』と自ら発言できることが価値なのだと思うようになりました」

受動的に業務にあたるのではなく、自ら提案までできるように。入江はこれまでよりひとつ上の意識を持つようになったと言います。

入江 「意識を変えると視点も変わります。ふと周りを見ると、それを実践していて、お手本にできる先輩が身近にいることに気付いて。とても恵まれていたと思います。自分も、言われたことだけやる『御用聞き』や『作業員』になってはいけないということを学べた大きな経験でした」

言われたことだけやるならただの作業員。自ら考えて行動するからこそ価値があり、教わるのを待つよりずっと早く成長できる、そう確信した。

営業で得たこの考えは、人事になった今でも実践している。

入江 「人事に異動してからも、日常の業務からこの意識を大事にしています。採用フローをこうする、採用メッセージをこう打ち出すなど、上司先輩に方向性を決めていただくことは多いですが、『本当にそれでいいのか』『学生目線ではどうか』『自分は何を思ったか』と常に考えているんです。少しでも思うことがあれば、必ず臆せず発信するようにしていますし、それが自分のためだけでなく、部署のためや対応する学生のためにもなると思っています」

失敗の経験や異動を経た今でも入社当時の想いからブレることなく、やれることを増やすために出る杭になり続けられていることが、入江が選ばれた存在になれた理由なのかもしれない。

どこへ行っても求められる「市場価値」を持つリーダーへ

9cbb7ab51cb0a466e6c48814d1bada5787a1f558

現在担当する新卒採用部門の仕事も、「どの側面を取ってもおもしろい」とやりがいを感じている入江。今後は新卒採用部門をけん引するリーダーになることが目標だと語る。

入江 「リーダーになること=やれることが増えている・成長の証である、と考えています。周りを引っ張れる存在は、業務知識やスキルは大前提として、チームメンバーを巻き込み、育て、マネジメントすることも求められます。
また、周りのことを “自分ごと化 ”して手を入れる姿勢や、あいさつ・身だしなみなどの凡事を徹底する姿勢を持てる人が、人としての魅力を誰よりも持っている人であり、真に活躍する人なのではないでしょうか。そして、そういう人は SCGだけでなく、どこへ行っても求められる『市場価値』を持っている人だとも考えています」

これからも成長を続け、人事・採用のプロフェッショナル、魅力的なリーダー、そして人としてどこへ行っても通用する人材になりたい、と入江の夢は終わらない。

入江 「 SCGは若いうちから成長し、どこに行っても通用する考え方や基盤を身に付けるにはぴったりの環境です。自分も、この環境だからこそ日々成長ができているのだと思っています。採用担当として、それをもっと多くの学生に知っていただきたいですし、一緒に成長できる仲間をどんどん増やしていきたいですね」

チャンスをもらったこの領域を極める、そう入江は宣言した。その過程でやれることを増やし、見える世界を広げ、それを未来の後輩にも広げていく──。そう語る入江の目はキラキラと輝いている。

関連ストーリー

注目ストーリー