「悲しい恋愛の記憶さえも、歌に変えることが出来る。歌だけが私に自信をくれる」伊藤ゆき

音楽事務所ミュージックバンクに所属する、シンガーソングライター、伊藤ゆきさん。幼い頃から歌に夢中になった彼女は、当然のように歌手を志した。コーラスグループとして国内外で活動し、複数の権威ある賞を獲得する。夢が叶うはずだった…。共に歩んだ仲間、手の届きかけた夢を失い、“普通の女の幸せ”を選ぼうした。そんな“彼女”が、もう一度歌い出したのは”自分らしさ”を貫くためだった。
  • eight

夢は手の届く一歩手前で、あっけなく消え去ってしまった

F451a65bf0892af41893cddc0b09a36c842307aa

音楽活動を休止したとき「こんなあっけなく終わっちゃうんだ」そう思いました。

今から5年くらい前、2013年頃のことです。

当時はコーラスグループと活動してたんですが、海外でも歌わせてもらったり、賞をいただいりして、CDが出せるかもしれないところまで行ったんです。「音楽で食べていく」っていう夢が叶うかもって思いました。

でも、そんな時にメンバーのひとりが家庭の都合でこれまでのように活動ができなくなってしまいました。

「なんで、今なんだろう」って、頭の中はそればっかり。言葉も出なかった。

結局それがきっかけで、グループは解散しちゃったんです。

ひとりが抜けて成り立つとも思えなかったし、みんな年齢的にも「ここで成功させないと」って覚悟もあった分、そのまま、あっけなく。

そこからは、何をするでもなく、アルバイトに行って、ただただ時間が過ぎていく生活をしてた。あの頃が一番辛かったなぁ。

音楽は諦める。この人と普通の幸せを築いていこう。そう思ってた。

E6faf818e7b29e78910b7fccf1e056781e1877e3

もう音楽は諦めて、普通に恋愛して、結婚しようと思いました。それが家族の期待でもあったから。


それまで音楽に打ち込んでたパワーが恋愛に向かったのか、その後付き合った彼と結婚しようと思ってました。ただ、ある事件がきっかけで離れることを決めました。どうやって立ち直ったかな……女友達に泣きついたりしてた気がします(笑)。


実は、その彼をモチーフに何曲も曲を書かせてもらってます。悲しい出来事ではあるけど、そこから楽曲制作をさせてもらっているので今では感謝してますね。

全てを失って気づいた、私のすべきこと。

Ad58bdcdd97eb20e18845681f41816d6b0e929aa

今でこそ感謝してるけど、当時は何も無くなったようだった。でも、そこで気付いたんです。「私は歌うべき人なんだ」って。

そもそも、私には歌うことしかできません。自信を持てるのも歌っているときだけです。

昔から他に得意なこともないし、人見知り。普段は感情を表に出すこともできない。

もう一回音楽をやると決めたとき、周りに「結婚もしないで何してるの」「まだやってるの」って言われることもありました。

でも、もう迷いません。結果コーラスグループの解散から3年間音楽を辞めてしまったけど、もし今あの夢を失った日の自分に声をかけるなら「絶対に辞めるな」って言うから。

今の私だから歌える、綺麗なだけじゃない、汚くてもリアルな感情

69af283c20c8648086f110ede5491c0f12b3c011

今は、綺麗な言葉だけを並べた歌を唄えるような立場じゃない。たとえ汚くても、リアルな感情を綴った音楽を歌います。

正直、彼と別れた当時のことは、今もよく思い出せないくらいトラウマです。でも、あの恋愛から生まれた歌もある。その歌に共感して、泣いてくれる女の子もいる。

辛い恋愛の記憶も、歌にします。私は、シンガーソングライターだから。

今が一番覚悟が決まってますよ。これが、本当のラストチャンスなので。

<Profile>

MusicBank合同会社(代表:廣瀬 裕二)に所属するシンガーソングライター。MusicBank合同会社は、停滞の続く音楽業界の中、「新しいやり方で音楽業界に風穴をあける」を理念に2015年に立ち上げられた音楽プロダクション。 映画、ドラマの制作、アイドル運営など事業拡大を続け、新人アーティストの育成にも力を注ぐ。SNSやライブ配信などのツールを活用した次世代的活躍が期待されるアーティストが多く所属。

関連ストーリー

注目ストーリー