研究職だからこそこだわった。ドクターや同僚たちとともに進める臨床開発

大学院の修士課程を修了後、一貫して臨床開発に携わってきた本橋 智。自分が関わる製品が病気に苦しむ患者さまの支えとなることをやりがいと感じて、製品の治療成績を実証する業務にチームで取り組んできました。舞台裏で取り組む日々の業務の先には、たくさんの人が新たな医療機器を待っています。

研究一筋の男が、迷わず就職を選んだ理由

人工関節や脊椎および脳血管関連のインプラント製品をはじめ、内視鏡や手術器械など、多種多様な医療機器を扱う日本ストライカー。本橋はそこで、薬事・臨床開発統括本部臨床開発部のアソシエイトマネジャーとして勤務しています。

大学院で生命理学について学び修士課程を修了した後、研究職に就くのではなく、この仕事を選んだのは、「現場に近い場所で、たくさんの人と関わって仕事がしたい」との想いからでした。

専門分野を突きつめてきたからこそ、惹かれた多様性。本橋が日本ストライカーに出会ったのは、就職活動を通して自分が何を求めているかが明確になってきたときでした。

本橋 「大学での研究を生かしつつさまざまな経験をしたいと思っていた自分にとって、日本ストライカーは医療機器メーカーとしてのブランドを確立しながら、新しいことにもチャレンジしているところが魅力でした。
成長も著しく、私が就職活動をはじめたときにはすでに医療の現場で使用されている製品がたくさんありました。この会社なら現場により近い場所で臨床開発に携われると感じたのも、日本ストライカーを選んだ理由のひとつです」

入社後まもなく本橋は臨床開発部に配属され、自分が望んでいた以上に多様なジャンルに関わることのできる臨床開発部の仕事に邁進しました。

本橋 「製薬会社やほかの大手医療機器メーカーでは、治験(医薬品や医療機器を市場に導入するための試験)と、臨床研究(市販されている製品の有効性を検証する研究)を別部署が担当することが多いのですが、日本ストライカーの臨床開発部では、治験、市販後の PMS(行政当局に義務付けられる市販後使用成績調査)、臨床研究のすべてを手がけているので、幅広い業務に携われるおもしろさがあります。
私も入社当初はスパイン領域の治験・ PMSを担当し、その後は、膝関節製品、ニューロバスキュラー製品、トラウマ製品、ロボティックサージェリー製品と、さまざまな製品分野の治験、 PMS、臨床研究のマネジメントを担当してきました」

初めて担当したドクターに学んだこと

入社後、間もなくして当時実施していた治験に参加していた、ある病院を任されます。人と関わって仕事をすることを希望していた本橋でしたが、不安を抱えながら訪ねたのは、KOL(Key Opinion Leader)と呼ばれる、整形外科分野の深い専門知識を持ち、専門領域で大きな影響力を持つドクターでした。

本橋 「入社して初めての仕事は、病院を訪問して治験が適切におこなわれているかを確認する、モニターと呼ばれる仕事でした。
初めて担当させていただいた病院のドクターはその分野で著名な KOLの先生で、治験についても豊富な経験をお持ちでしたが、本当にいい方だったんです。私が新卒で入社して間もないスタッフだということをご存じで、たくさんのことを教えてくださり、助けていただきました。
右も左もわからないような私にとっては非常にありがたいことだったのですが、サポートすべき自分がサポートされている状況は恥ずかしいという思いもあって。その先生のご恩に報いるためにも、教えていただいたことを吸収して成長し、一日でも早く誰かの役に立てる人材にならなければという想いが強くなりました」

以来本橋は、ドクターが円滑に治験や臨床研究をおこなうためには何が必要なのか、現場ではどんなことに困っているのかということに耳を澄ませてきました。

言葉にして伝えてくれた要望だけでなく、「感じていても口に出さないだけではないか、もしかすると自分に気を遣ってくれているのではないか」と、ドクターの立場に立って考え、行動するようになりました。

大学の研究と違い、臨床開発の仕事では人とのコミュニケーションがカギを握ります。

本橋 「実験室での研究はひとりで進めることが多いのですが、治験や PMS、臨床研究では、ドクターだけでなく社内との連携も欠かせません。ドクターと密接につながる営業担当のほかに、薬事担当者、マーケティングはもちろん、海外製造元のスタッフとのコミュニケーションも重要になってきます。
日本ストライカーが短い期間に多くの製品を導入できているのは、社内の風通しがよく、どの部署にもスムーズに協力を仰げる雰囲気があったことが理由のひとつだと、今は身をもって感じています」

会社に利益のない製品を導入した、日本ストライカーの決断

2007年4月の入社以来、臨床開発部の業務に携わってきた本橋には、「これからもこの会社で、医療機器を必要とする人の役に立ちたい」と心に刻んだ思い出があります。

本橋 「私が入社して 2年目に、癌が骨に転移した末期の患者さまの痛みを緩和する“骨セメント”を導入するかしないかで、議論があったんです。
対象となる患者さまが少なく、最初から大きな売上が望めないことがわかっていたので、社内には導入をやめようという意見もありました。それでも現場で患者さまに向き合うドクターから強い要望があって、社内で何回も協議を重ねた結果、なんとか導入にこぎつけました。
そして導入後にドクターとお会いしたとき、どの先生も口々に『この製品を入れてくれてありがとう』と言ってくださったんです。痛みで苦しんで寝たきりだった患者さんが、この製品を使うと翌日には立てるようになったと聞きました。
確かにこの製品は痛みの緩和を目的としたもので、病気そのものを治療できるわけではありません。けれど患者さまに残された最後の数カ月間、この製品を使うことで、使わなかったときとはちがう時間が生まれた。それを知ったとき、心から導入できてよかったと思いました」

この経験を通して本橋は、日本ストライカーの製品にかける想いを改めて知ったとふり返ります。

利益ではなくドクターと患者さまにフォーカスした対応を、信念をもって貫いたチームのなかで、本橋はさらなる成長を誓いました。

日本で苦しむ人が何を必要としているかを各自が考え、チームで動ける会社

現場でドクターとともに収集した臨床成績をもとに、それを製品の導入や将来の医療技術に反映させていく。他社ではいくつもの部署や担当が分担している仕事を一手に引き受けてきたことは、大変な一方で大きなやりがいがあったと本橋は話します。

アメリカの本社で開発された製品を、治験などを通じて日本へ導入し、その後も日本の患者さまへの有効性を検証するために臨床研究を重ねていく仕事は、多様なジャンルの仕事やたくさんの人と関わりたいと考えていた本橋にぴったりの仕事でした。

一方で他部署の同僚たちからは「難しい研究をしている部署」という漠然としたイメージを持たれることも多く、自分たちの業務が社内でもまだ充分に認知されていないことも感じるといいます。

本橋 「臨床開発部は先進的な製品の開発に携わり、最前線で関与していけるのが魅力ですが、人とのつながりなくしては孤立してしまいやすい部署です。
だからどれだけイノベーティブな仕事をしていても、それを現場に紹介し、普及させてくれる人たちがいなければ成り立たないということはいつも意識しています。
自分が携わった製品を、実際に病気やけがで苦しむ患者さんに役立ててもらうには誰のどんな関わりが必要になるのか、そこまでを考えられる力がこの仕事には必要だと思っています。
私が入社以来いくつもの製品の研究を手がけることができたのは、日本ストライカーの社風に助けられた部分が大きいと感じています。新卒のころから部署を超えたところでたくさんの人がサポートしてくれたり、私の訪問前に営業メンバーがドクターと良好なコミュニケーションをとってくれていたり。この会社だから達成できた仕事は数えきれません」

スタッフが口をそろえて“社員同士の仲がいい”と言うのが日本ストライカーらしさ。成長の裏には、製品の魅力だけでなく、仲間の仕事を支え、ときに良きライバルとして切磋琢磨してきた企業文化がありました。

関連ストーリー

注目ストーリー