Report
2019.06.03

SuperFreshman2019_vol.7 諸田

こんにちは、こんばんは!
今回の担当、19新卒の諸田と申します。
出身は東京で、Supership19新卒の中では珍しい関東出身!
すこしの間私の自分語りにお付き合いいただけると嬉しく思います!

シティガールです

5da8971bc46170c40f787991ae828e43f919297e
本当は夏に来たかった南仏

生まれも育ちも東京のわたし。

ですが、下町育ちなので、Supershipのオフィスかある南青山なんて遠いし今まで来た記憶がありません。。

ファッションが大好きで、毎朝の通勤もウインドウを見るだけでテンションが上り、そんな気分で出社するココ最近です。

一人旅も趣味で、3月に初めてヨーロッパを周りました!

本場のボロネーゼを食べるためにヨーロッパへ行きましたが、かなり楽しい学生最後の旅行になりました。ちなみに本場のボロネーゼはやはり格が違いました。


東京横断通学~新宿が庭になる~

D89c27a87e4913c6e568d0272accc13b98f9add4
アボリジニの旗

東京の田舎の方にある大学に片道1時間半かけて通い、法律を勉強していました。

特に憲法のゼミに参加していたので、憲法学に重点を置いていました。

また、文化多様性についても興味があり、一年生の頃から性的マイノリティーや先住民族の権利、移民難民問題を勉強。

机上で何かするよりは外に出て現場を知ることが重要な研究内容だったので、国内外でのフィールドワークを重視していました。

法律の勉強は楽しいのですがいかんせん難しく、3年生からはほぼゼミの憲法や民法の勉強しかしていませんでした...苦手な法律は手続法全般です。。


なぜSupershipに

B9948f373ead8787e75dcc0cacc65a972e26d3e7
バリバリはたらくひと(イメージ)

学部とほぼ関係のないIT業界に興味を持ったのは①新しいことをやってみたい。②働くならバリキャリな人間を目指したい。③伸びてる業界で働きたい。と考えたからです。

Supershipがいいな!と思ったのはまず人事の方や、一次面接以降でお話した方が話しやすく、要は雰囲気が直感で「自分にあってるかも」と思ったんです。

就活中こう感じた企業はかなり少なかったです。

調べていくうちに業界内でデータに大きな強みを持っていることや、ベンチャーと大企業の共創体だと聞いて、多文化っぽいし面白そうだな、と感じました。


#人生 のうるおい

39cc87067eff5cd19d16e8b3ddfa8fa6173188ed
最近行ったイベント

自分の「オタク気質」はsuperである、と思っております。

ちなみに同期にはオタクが多いので僥倖なのですが...!好きなことや目的の達成のためには根気よくコツコツと、なんでも行動に移せる...のは自慢できます。

ライブに行くために遠征したり、そもそもイベントに行けるように徳を積むため神社でアルバイトしたり、ペンライトを携え映画館に毎日通ったり、、...好きなことがあるってすごい、世界が煌いて見える...!

生きていることと推しに日々感謝して、社会人生活も過ごしていきます。

Superオタク気質のシティガール、諸田でした!


残り3名となったSuperFreshman2019、今後もお楽しみに!

注目ストーリー