「ニューヨークで歌いたい!」ロコの提案でかなったミュージカルシンガー3年越しの夢

トラべロコでは、自分ひとりでは実現が難しい願いをロコの力を借りてかなえるケースが多くあります。今回取り上げるHikariさんもまさにそのひとり。諦めていたニューヨークで歌いたいという夢、ロコの手助けでどのようにして実現まで至ったのでしょうか?
  • eight

「ニューヨークで歌いたい」女性ミュージカルシンガーの夢

61e75895e59909ff4950aa946e0595272353ae94
▲トラベロコを利用して長年の夢をかなえたHikariさん

トラベロコは、海外で実現したいことがある日本人と、それをかなえるスキルがある現地の日本人(ロコ)をつなぐプラットフォームサービスを提供しています。

2019年3月現在、ユーザー数は13万人を超え、ロコは4万人以上となり、地球規模で日本人が助けあえるネットワークが広がり続け、さまざまな出会いと多くの事例が生まれ続けてきました。

これだけ多くの日本人が利用すると、さまざまな利用体験があります。旅行でトラべロコを利用するケースでは、アムステルダムで地元の人しか集まらないバーへロコと一緒に訪れたり、バルセロナ在住のカメラマンのロコに散策しながら写真を撮ってもらったり。

ビジネスでの利用でも、知り合いもいない、言葉もわからないスウェーデンへの視察をロコの協力で実現させたりと、ユーザーの「したい」の数だけ多様性に溢れています。

そして今回、そんな旅行やビジネスではなく、トラべロコを通して夢をかなえたHikariさんの事例をご紹介します。ひとりでは、実現するのが難しかった夢は、現地に住んでいるロコの献身的な協力を得てどのようにしてかなっていったのでしょうか?

「勇気が出ず、一歩を踏み出せなかった」2014年のニューヨーク滞在

C988743053ce8d33a21b1f9a7ffccb6799a7d47a
▲ニューヨークの街並み

ミュージカルシンガーで、日本でも演奏活動をしているHikariさんは、「本場ニューヨークで歌いたい」という夢を抱いていました。しかし、旅行の際にニューヨークでボイストレーニングをしたり、ミュージカルを観にいくことはあったものの、自分がその舞台に立って歌うことは難しいと考えていました。

そんな彼女が、初めてトラベロコを利用したのは2014年のことです。その際は、無料Q&A(特定のエリアのロコに同じ質問をすることができるトラべロコの機能)を利用してニューヨーク在住のロコの方々に「オープンマイクに挑戦したいと思うのですが、参加できるライブハウスをご存知ないでしょうか?」と質問し、結果的に多くのライブハウスの情報が集まりました。

なかには、ライブハウスの名前と住所だけでなく、参加費の有無や、英語があまりできなくても申し込みが可能な場所といったHikariさんに寄り添い応援するロコの回答も目立ちました。

しかし、彼女の夢は実現しませんでした。Hikariさんはその時の様子を「勇気が出ず、一歩を踏み出せなかった」と振り返ります。

Hikariさん 「本気度が足りなかったと思います。(無料 Q&Aで)ロコさんたちがいろんなサイトを教えてくださいました。それは当然ながら英語のサイトです。あまり英語が得意ではない私はサイトを見てもわからず、そこで諦めてしまっていました。もう一度尋ねたりすればよかったのですが……」

ニューヨークにあるオープンマイクが可能なライブハウスの場所がいくつかわかったものの、勇気が出ず、実現には至りませんでした。ミュージカルの本場で、耳の肥えたニューヨーカーの前に立つことは想像を超える重圧がかかるはずです。そこで一歩踏み出すことは、並大抵のことではないかもしれません。

それから3年が経った2017年5月、Hikariさんは、ミュージカルのボイストレーニングと観劇のため、ニューヨークへ渡ります。この時もトラべロコを利用しますが、前回とは違い、お店に行くだけで歌うことは考えていませんでした。お店の案内と食事の同席をしてくれるロコを探すため、まずは無料Q&Aで質問をおこなったのです。

その何気なくした質問が、Hikariさんに思わぬ展開を呼び込むことになりました。

「今回夢を実現したらどうか?」ロコからの提案で心が動いた

2b6bb8e13298865ed7619d88aa1a2bbbaaaf6876
▲「ニューヨークで歌う」という夢をやっと実現できた

お店への案内と食事の同行をロコに依頼するために質問をしたHikariさん。もっとも丁寧な回答をくれたロコのヒデちゃんさんにサービスを依頼することにしたようです。

ヒデちゃんさんとやりとりをするなかで、「今度はいつ(ニューヨークに)行けるの?次いつ行けるかわからないなら、今回夢を実現させてしまってはどうか」という提案を受けます。

Hikariさんは協力したいという熱意と、その為の経験や人脈があるヒデちゃんさんに、そのままサポートをお願いしニューヨーカーの前で歌うことを決意しました。

しかし、初めての本場ニューヨークでのオープンマイク。ブロードウェイに出ていたり、プロとして活動している人やミュージカルで活躍している人も来るようなお店で歌うことに緊張が高まるHikariさんにロコのヒデちゃんさんはアドバイスをしてくれたと話します。

Hikariさん 「ヒデちゃんさんに『ニューヨーカーは厳しめだよ』と言われ(苦笑)、服も綺麗めにしてきた方が良いという指摘をいただいたので、当日は赤いワンピースを着ていきました」

赤いワンピースを着用し、心も容姿も整えたHikariさんは、待望しつつも緊張感に包まれながら迎えた本番の様子をこう振り返ります。

Hikariさん 「歌う順番が回ってくるまでの待ち時間が長かったです。飲み物を飲みつつ、他の方の歌を聴きつつ、雰囲気を感じつつ、楽譜を読み返しつつ待っていました。歌った曲は、ダイアナ・ロスの『 If we hold on together』です。
(終わった後は)みなさんの方からテーブルに来て声をかけてくれました。『よかったよ』とか、『日本好きなのよ』とか。すごく嬉しかったです。土曜日の夜だったのでずっと満席で……本当に、とても良い経験をさせていただきました」

こうして2017年5月、Hikariさんは、ずっと思い描いていた「ニューヨークで歌う」という夢を実現しました。

(ヒデちゃんさんのロコページはこちら

これから海外に挑む人へ、「勇気を持って!」と伝えたい

61d579b77e7f06f56afcb580d90550b96f5f4460
▲小さなことでもチャレンジしてほしいと語るHikariさん

はじめは実現が難しいと考えていたHikariさんの「ニューヨークで歌う」という夢。しかし、ロコの後押しとサポートによってそれをかなえてしまいました。Hikariさんは、夢の実現のきっかけにもなったニューヨーク在住ロコのヒデちゃんさんの印象についても語ってくれました。

Hikariさん 「(事前のやり取りは)ヒデちゃんさんはレスが早く、安心できました。(実際に会ってみても)とても親切で、ニューヨーク歴が長いこともありさまざまなことを教えていただきました。サポートも全部先回りしてやってくれたり、調べてくれたりと、やり残しがなかったです」

トラべロコとしても、Hikariさんのように「したい」ことが明確なユーザーとそれをかなえることができるロコが出会うことによって夢が実現する事例が増えている様子を見て、嬉しくて仕方ありません。

トラべロコを通してひとつの夢をかなえたHikariさんは、これからトラべロコの利用を検討しているユーザーさんに対して、まずは気軽な気持ちで試してみることがオススメだと言います。

Hikariさん 「『勇気を持って!』と伝えたいです。いろいろ(ロコに)尋ねてみると、不安などが払拭されていきます。ちょっとでもやってみたい、頼んでみたいと思ったら、是非連絡を取ってみると良いと思います。
ロコさんとやりとりしていくと、(国によって)時差によるタイムラグがあって返事が来なかったりもしますが、マメなロコさんを発掘できると良いかなと思います。そして小さなことでもチャレンジしてほしいと思います」

みなさんは、海外でどんなことをしてみたいですか?ジンベエザメと泳ぎたい人、ヨーロッパの田舎でワインを飲みたい人、珍しい陶器を探し求めている人。それぞれ全く違う「したい」ことが思い浮かぶはずです。

もしそれが自分ひとりでは実現が難しく、かなえられなそうと感じても、現地のロコに相談することで、かなうかもしれないということが頭の片隅にあると、その日が来たとき、大きな助けになるかもしれません。トラベロコもみなさんの「したい」がかなうことをこれからも応援しています。

関連ストーリー

注目ストーリー