「普通とは違う写真が撮りたい!」新婚旅行中、穴場を巡り、素敵な写真を持ち帰った夫婦

新婚旅行中、カメラマンをしているロコに依頼することで、現地での観光案内に加えて素敵な写真を撮ってもらうご夫婦が増えています。今回ご紹介するのは、「ハネムーン中、普通とは違った写真を撮りたい!」という理由で、穴場スポット巡りと個性的な写真をロコに撮ってもらった斎藤さんご夫婦です。
  • eight

新婚旅行は自分たちらしく、ユニークなものにしたい

6697041da3feae897ba56e3e790183f4ab1d818d
▲ハネムーンで訪れたパリにて

トラベロコは、海外で「実現したいコト」がある日本人に、それをかなえるスキルを持つロコ(現地在住日本人)のサポートを提供する、日本人のための海外タウン・コンシェルジュサービスです。

2019年6月現在、ロコ(海外在住日本人)が4.5万人を超え、カバーしている国は171カ国にのぼりました。これは世界の国の数193カ国(国連加盟国)の9割近い数となっています。

そんな多くのユーザーがトラベロコを利用する理由はさまざまです。たとえば、ロサンゼルスへの移住について相談をしに行く若者や、バルセロナでローカルな観光をしてもらった親子、ニューヨークで鉄道の乗り方を教えてもらった家族など……。

そんな中、最近増えてきたのがハネムーンでトラベロコを利用する夫婦の方々です。実際に、新婚旅行関連の利用件数は2015年はわずか16件でしたが、昨年2018年は150件にまで急増しています。

トラベロコでは、ロコ(現地在住日本人)に直接相談依頼ができます。そのため、ハネムーン期間中にロコと旅先の穴場を巡ったり、写真撮影をお願いすることで、新婚旅行が一味も二味も違うものになります。やりたいことが細分化するこの時代に、新婚旅行者も型にはまらないハネムーンを実現するため、トラベロコの利用が増えているのかもしれません。

今回お話をお伺いした斎藤さんも、トラベロコを利用しそんなユニークなハネムーンをフランスの大都市パリで実現されたひとりです。

旅の思い出を一味違ったものにしたい──そこで出会ったのがロコでした

6657cdc735e8c2ef0854c4069818fe453c1f3de3
▲撮影を行った一軒家のカフェ

当初、斎藤さんはパリの有名な観光地ではなく穴場スポットを周りたいという理由で、トラベロコでロコを探していました。しかし、その過程で出会ったロコが写真も撮れるということで、今回の依頼につながったと話します。

斎藤さん 「もともとは、パリで有名な観光地ではなく穴場などを知りたくて、ロコさんにお願いしようと思っていました。そういう観点で探しているうちに、写真も撮ってくださるロコさんを見つけ、せっかくなので現地での写真撮影をお願いすることにしました」

実際にトラベロコでは、現地でカメラマンをしているロコに旅行中の個性的な写真撮影をしてもらう依頼が人気を集めています。

結婚10周年の大事な記念旅行の撮影を依頼するご家族や、旅行の様子を友人や家族にも共有したいと思い、ロコに頼むカップル、さらに女子旅で利用する人たちもいます。

このような依頼が増加しているのは、プロのカメラマンに一味違った写真を撮ってほしいというお客様のニーズが増えているからだと思います。

スマホを持つことが当たり前になり、自分たちでたくさんの写真を気軽に撮ることができるようになりました。その一方で、せっかく行く海外旅行では現地に住むプロのカメラマンであるロコに撮影してもらうことで、旅の思い出を特別なものにしたいというお客様が増えています。

実際に、斎藤さんも自分たちで写真を撮るには限界があったと言います。

斎藤さん 「写真は、自分たちで撮ると近い写真しか撮れないですよね。でも、せっかくパリにきたので後ろの背景も入れて撮りたくて、どなたかに撮影をお願いしたくて探していました。自撮り棒持っていけばよかったのかもしれませんが、治安の関係で、あまりに観光客っぽさを出したり、スマホを無防備に晒したりすると事件に巻き込まれてしまうことが怖かったので、自撮り棒はやめました」

そんな中、現地に詳しいロコがフォトグラファーだったことで、その課題が解決された斎藤さん。結果的に、当初の目的である穴場巡りに加え、現地での写真撮影も実現されました。

実際に利用してみて気付く、観光案内だけではないロコの魅力

52fe5edc4e576ffd8e93eb67d429352a30dcf960
▲街を散策しながら撮影した写真

実際に、パリでは街を散策しながらさまざまシチュエーションの写真を撮ることができたそうです。

斎藤さん 「ラ・ヴィレット公園、リヨン駅、ノートルダム大聖堂の近くの橋や博物館の鏡ばりのオブジェなどを案内してもらい、写真を撮っていただきました。公園では、オブジェと一緒に映ったり、滑り台で遊んでいる様子を撮ってもらったりしました。

また、通りすがりの赤ちゃんが可愛いくて。私たちがじっと見つめていたら、ロコさんが通訳してくださってお母さんに『ちょっと撮影しても良いですか?』と聞いてくださいました。フランスで出会った赤ちゃん、とっても可愛かったです(笑)」

ロコがいたからこそ撮りたかった写真を撮れた斎藤さん。実は、今回斎藤さんご夫婦が依頼したロコは、パリで依頼が多いロコでした。ヨーロッパで美術大学を卒業し、フランスでの写真業労働許可取得済みということもあり、展覧会や雑誌、広告写真の活動をしている人気のロコのひとりです。

フォトグラファーとしての能力と経験に加え、英語とフランス語が話せることから、写真撮影、ポートレート、コーディネート、写真指導、Photoshop編集などのサービスを中心として提供しています。

そんな経験豊富なロコの印象について、「とても楽しかった」と話す斎藤さん。別れ際には、パリの情報をいくつも教えてもらい、その後の観光にも役立ったと言います。

斎藤さん 「今回出会ったロコさんは、とても楽しい方でした。ロコさんが 6年パリに住んで気付いたことや、思っていることなどをたくさんお話してくださいました。ロコさんと別れるぎりぎりまで、地図を広げて、その後の観光ルートを教えてもらいました。

ロコさんおすすめの、エッフェル塔が見えるパリの一番美しい橋や、凱旋門、モノプリ(スーパーマーケット)にも行き、最後にロバ石鹸まで探しに行くことができました。もちろん、写真を撮っていただいている時も楽しかったです。しかし、そうやっておすすめの観光ルートを提案してもらったことで、ロコさんと別れた後もとても充実した時間を過ごすことができました」

知らないローカルと出会うことで、一味違った旅行に

819e4d421dcd6cb1c7a416624bc54001fcb8f37e
▲訪れたパリの風景

今回相性の良いロコに依頼したことで、穴場巡りから写真の撮影まで実現し、充実した新婚旅行となった斎藤さんご夫婦。トラベロコは、ロコに依頼することにより、今まで知らなかった事を知り「新しい世界を広げることができる」と話します。

斎藤さん 「自分たちの旅が、ロコさんがいることで楽しくなるかなと思います。私たちの知らないところまで案内していただけるので、自分の世界が広がり、より充実した旅になると思います。やっぱり、言葉の壁は大きいです。ローカルな案内が文字で書いてあっても、言葉がわからないとたどり着けませんし、十分に楽しめないと思います。

なので、次にトラベロコを使うなら言葉が通じない国で使うともっとその便利さを実感できるかな思います。韓国、台湾などアジア系なら日本語が通じそうだなと思いますが、言葉がわからない国だと困ってしまうことが多いと思うので、ロコさんにお願いすると思います。その時も、カメラマンさんのロコさんがいたら同じように撮っていただいて、また良い思い出を残したいと思います」

自分たちでは行くことが難しいところを、ロコに依頼することで巡ることができた斎藤さん。彼らは、トラベロコの利用を検討している人に対して、「一度利用してみると良いと思います」と語ってくれました。

斎藤さん 「未知の世界を見ることができるかもしれないので、一度利用してみると良いと思います。自分がロコさんだったとしても、観光案内の本に載っていない、ローカルで見て欲しいところを紹介したいと思うので、一味違う旅行が楽しめると思います」

有名な観光地より、穴場を巡る方が好きな斎藤さんご夫婦にとって、現地で生活する日本人であるロコのサポートはとても相性の良い組み合わせだったのかもしれません。今後もぜひ、海外に訪れる際はロコと一緒に穴場を巡る旅行を楽しんで欲しいです。

トラベロコとしても、斎藤さんご夫婦のように、個性的な海外旅行を実現させたいと思っている日本人の方々が、相性の良いロコと出会い、それをかなえていく様子を見るのが楽しみです。

関連ストーリー

注目ストーリー