元球児&歌手。異色の経歴の男が在宅医療現場で全霊を捧げる“人のためになる”仕事

学生時代は野球に打ち込み、大学卒業後はピアノの弾き語り歌手として活動。そんな山本裕紀が2012年、25歳でめぐり会った仕事が、在宅医療現場で医師のパートナーとして重要な役割を担う「サポートスタッフ」でした。人生の紆余曲折を経て、医療業界という未知の世界に生きる意義を見出した男のヒストリーです。

Albumアルバム

Company会社情報

社名医療法人吉田クリニック
会社・
団体説明
在宅診療を中心とした 吉田クリニックを開設。 “自宅で入院生活を”を実現すべくがん、難病患者のホスピスケアを提供するナーシングホーム事業を立ち上げ、現在に至る。
代表者理事長/院長 吉田 淳
創業2000年4月1日
住所464-0082
愛知県愛知県名古屋市千種区上野1-2-7
ビジョン・
ミッション
在宅であっても入院に近いレベルの高度な医療を提供したい
URLhttps://www.pr-table.com/ycl